どちらともつかない場合は混合型

ぜんそくは、アレルゲンが引きがねとなっている場合は、アトピー型(アレルギー性)といい、アレルゲンと関係なく発作が起こる場合を非アトピー型(非アレルギー性)といいます。

どちらともつかない場合は、混合型という場合があります。

炎症によって敏感になった気道が様々な刺激に対して、反応して狭くなることによって、咳や喘鳴などの症状が発現します。

この症状が発現した状態を「発作」と呼びます。

また、かぜや冷気などで起こりやすいので、非アトピー型ぜんそく(アレルギー反応を介さない喘息悪化因子)のことを感染型ぜんそくという場合もあります。

かぜなどの感染症、たばこの煙、天候、運動、ストレスなどがあげられます。

アレルギーを起こす原因物質(アレルゲン)としては、アレルギー反応を介した喘息悪化因子、ダニ、ほこり、カビ、ペットの毛、花粉などがあり、吸い込むとアレルギー反応が起こります。

アレルゲンを特定するためには、皮膚テストや血液検査を行って判定します。

いろいろ検査をしてもアレルゲンが不明の場合も多く、その場合は非アトピー型ぜんそくといわれます。

本人の体質の問題としては、もともと自律神経が不安定であるとか、ホルモンのバランスが悪いなど、ぜんそくを起こしやすい体質があります。

また、排気ガスなどの大気汚染、湿度・温度など気候の影響、タバコの煙など、外部からの影響のほか、かぜやストレス、飲酒が誘因となることもあります。

薬や食べ物で発作を起こす場合もあけます。

ぜんそくを起こす誘因に対して、本人の抵抗力が強い場合は発作は起きませんが、何かの拍子に誘因のほうが強くなったり、抵抗力が弱まると、発作が起こるのです。

発作の誘因はこのバランス関係にあり、治療の面では、抵抗力を高め、誘因を避けることが大切です。

実は、ぜんそくの症状がないときも気道や気管支炎では炎症がおこっており、気道上皮がはがれ落ちて敏感になっています。

粘膜がむくんでおり、気道が狭くなっています。

そこにタバコやストレス、ホコリやペットの毛、花粉などの刺激が加わると気道が狭くなり、その結果激しいせきなどの発作が起こります。

日本では、ぜんそくの患者は増えており、1960年代と比べると子どもは6倍、成人は3倍、全体では400万人を超えるというデータが平成16年度厚生労働省国民生活基礎調査より分かっています。

これは環境の変化によるアレルゲン(アレルギーを起こす原因物質)の増加、長時間勤務によるストレスが増える、また近年の家庭における殺菌・除菌による清潔すぎる環境のためとも言われています。